• ホーム
  • 低用量ピルの種類と偽薬期間を含む服用周期の説明

低用量ピルの種類と偽薬期間を含む服用周期の説明

2019年10月23日

ピルには、高容量ピルと中容量ピル、低用量ピル、超低用量ピル、アフターピルなどがあり、現在では副作用の問題から高容量ピルや中容量ピルは子宮内膜症や月経困難症などの治療に処方され、日本国内では低用量ピルが主流となっています。
又、主成分となる薬剤の種類により第一世代~第四世代に分類され、1周期で服用する薬剤の女性ホルモンの配合量の変化により1相性~3相性に分類されています。
1相性は、偽薬以外の薬剤に含まれる女性ホルモン量が全て同僚であるピルであり、2相性は偽薬以外の薬剤のホルモンの量を2段階で調節していき、後半に黄体ホルモンを増量していくピルです。
3相性は、女性ホルモンの配合量が異なる3種類の薬剤を服用するピルであり、総ホルモン量が少なくてすむ中間増量型と徐々に黄体ホルモンを増加していく漸増型の2種類ピルがあります。
漸増型の3相性ビルの方が、より自然な形で体に対する負担が少ないとされています。

低用量ピルの使用方法には、生理が始まった日を第1日目とするDay1スタートと生理になって初めての日曜日から始めるサンデースタートの2種類があります。
サンデースタートは、生理になった初めての日曜日から土曜日までの1週間を他の避妊方法で凌ぐ必要性がありますが、生理と日曜日が重ならないメリットがあります。
Day1スタートは、生理初日から服用しているので他の避妊法を併用する必要が無いメリットがあります。
一般的な中用量ピルは、生理の5日目からの服用を繰り返していましたが、低用量ビルは3週間ホルモン剤を服用し、1週間の休憩の繰り返す4週間を1周期として構成されています。
しかし、1週間の休憩が有る為に飲み忘れピルの服用周期を崩してしまうケースが多かった為に、現在では女性ホルモン剤を含有していない偽薬を1週間服用するタイプの低用量ピルも市販化されています。

関連記事
妊娠中と同じ効果が得られる低用量ピルの成分量の特徴

低用量ピルは服用することによって体を妊娠中と同じ状態にしていくことが出来ます。これによって妊娠中だからこそ得られる効果を得ることが出来るのです。女性が妊娠中に得られる効果、それは排卵を止めることができるということ、さらにはホルモンのバランスをより安定させることです。通常、女性の体は脳下垂体から分泌さ

2019年11月22日
低用量ピルとおりものとエストロゲンについて

低用量ピルは高い避妊効果を期待できる薬として人気が高くなっています。また、生理痛の緩和や美肌効果などもあるため、利用したいという人が多いでしょう。低用量ピルには、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが含まれています。低用量ピルを服用する外からエストロゲンを取り入れる

2019年09月27日
低用量ピルの病院と血栓症の原因

低用量ピルは避妊に高い効果を期待できる薬として人気となっており、病院で処方を受けることができます。また、避妊だけでなく生理の出血量を減らす効果や生理痛を軽減する効果、美肌効果なども期待できるため、利用してみると良いでしょう。ちなみに、低用量ピルは病院で検査を受けてから処方してもらうことになるため、薬

2019年09月02日
ピルを飲むと太るって本当?

ピルを通販で購入する前に、服用すると太るという噂を聞くことで、購入することに悩みを感じてしまいます。確かに、ピルを通販で購入後に、生活に注意していないと太ることもありますので、生活の仕方に注意してみるとよいでしょう。ピルを飲むことで、生理の辛さを軽減出来たり、避妊効果を得ることができますが、ピルによ

2019年08月16日
卵胞ホルモンと黄体ホルモンについて

女性の身体の中には、卵胞ホルモン(別称・エストロゲン)と黄体ホルモン(別称・プロゲステロン)の2つのホルモンがあります。この2つのホルモンのバランスは、その分泌量によって随時変わりますが、このバランスが正しい場合、基礎体温等が正常化され、生理、妊娠、出産などが出来るのです。このような、卵胞ホルモンと

2019年07月17日
避妊薬を使う際の注意点

ピル通販で避妊薬を購入する際には、飲む上での注意点が存在していることも知っておきましょう。避妊薬を利用する際には、体調面で問題がないことが条件になってくるため、健康状態についての確認が必須となっています。卵巣や子宮など、女性特有の病気で治療中の方は、ピルを飲むことで病気にも影響を与えてしまう為、自己

2019年07月01日
ピルの種類と使い方について

最も手軽で多くの人に利用されている避妊の手段はコンドームを利用した避妊方法となりますが、これは主に男性が主体となって行なう避妊方法と考えられます。望まない妊娠をして困ることとなるのは女性であることが多いにもかかわらず、避妊を男性に任せることとなるのはリスクが高いと考えられますし、安心して性行為を行な

2019年06月19日